はじめに

 1 型糖尿病は日本ではまれな疾患のため、社会・学校での認識が乏しい現状があります。日本人小児での1型糖尿病の発症率は10万人に約2.5人ですが、欧米白人ではその 10~30 倍です。従って、欧米では社会・学校での支援体制も整って、学校・幼稚園・保育施設での差別は行われなくなっています。

 1 型糖尿病の子どもは適切なインスリン治療を行えば、健常児と全く変わらない生活ができます。さらに、1 型糖尿病患者さんの中には、医師や看護師として働いている方も多いですし、プロ野球選手やプロサッカー選手もいます。自立した成人に成長してもらうことが、1 型糖尿病の診療に携わっている医療者の目標です。

 しかし、残念ながら 2015 年 12 月 24 日の毎日新聞に、近畿圏を中心とした患者団体を通して行ったアンケートで、就学前に1型糖尿病を発症した 67 人のうち 16%にあたる 11 人が「幼稚園や保育園への入園を断られた」といい、「難色を示された」6 人を含めると 4 分の 1 がこうした体験があると報じられました。

 2016年2 月~5月に日本小児内分泌学会が学会評議員を対象に行った「1型糖尿病患児に対する幼稚園・保育所の入園拒否の実態」についてのアンケート調査においても、入園拒否があった症例を報告した医療施設は、42 施設中 18 施設(42.9%)で、患児数は 164 人中 37 人(22.6%)でした。約 4 分の1の患児が入園拒否の通告を受けた経験があることになります。また、継続通園や入園が許可されても、インスリン注射、血糖測定、幼稚園・保育施設の行事に際して、保護者への負担が非常に大きい実態が明らかとなりました。患児は血糖値を管理する措置は必要ですが、運動や食事に制限はありません。私ども 1 型糖尿病の診療に携わるものとしては、患児やその家族を支えるために、幼稚園・保育施設の職員の方に 1 型糖尿病への理解を深めていただく必要性を痛感いたしました。

 そこで、日本小児内分泌学会糖代謝委員会において、この「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」を作成しました。このガイドは、幼稚園・保育施設の職員の方の持つ漠然とした不安を解消し、保護者のインスリン注射、血糖測定、園での行事等についての大きな負担を少しでも減らすことを目指して作成されました。職員の方にとっても、1 型糖尿病についての情報が増えることにより、1 型糖尿病の子どもとそのご家族に接する中で、最初は難しく感じたこと、高い壁も、次第に低くなると考えます。1 型糖尿病の子どもが慢性疾患を抱えながらも健やかに成長し、楽しい幼稚園・保育施設での生活を過ごせるよう、皆様のご理解とご協力をお願いしたいと存じます。

2016年11月
日本小児内分泌学会 糖代謝委員会

1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド-園児受け入れ担当者と保護者のために

 こちらからダウンロードしてください(PDFファイル

「1型糖尿病患児に対する幼稚園・保育所の入園拒否の実態」に関する日本小児内分泌学会評議員へのアンケート調査報告書

 こちらからダウンロードしてください(PDFファイル