日本小児内分泌学会理事長就任のご挨拶(会員の皆様へ)

 このたび、日本小児内分泌学会理事長を拝命いたしました。選んでいただいた会員の皆様に、心より感謝申し上げます。50年を超える歴史を持つ日本小児内分泌学会の10人目の理事長(前身の日本小児内分泌研究会の運営委員長から数えると11人目)として、本学会の伝統を守り、さらなる発展をめざして全力を尽くす所存ですので、会員の皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 内分泌系は、神経系と並んで、生体のホメオスタシス維持のための基盤をなす調節システムです。これまで、内分泌学は、各種ホルモンおよびその受容体の発見により発展し、さらに、その制御機構を解明するとともに、種々の治療薬を生み出してきました。特に、小児内分泌学は、主として成長、発達、分化、生殖などに関わる重要なホルモンとその受容機構の研究により、その専門性を高めています。

 日本小児内分泌学会は、このような内分泌学の発展に貢献し、また、質の高い医療を実践するために、種々の活動を行ってきました。主なものとして、学術集会、入門・専門セミナー、学術誌CPEの発行、海外の学会との国際交流、日本内分泌学会と連携した専門医制度などが挙げられます。今後、小児内分泌医療にさらに貢献していくためには、新たな診療ガイドラインの策定、そのためのエビデンスの創出、薬剤開発につながるシーズの提供、新規薬剤の開発、治験・臨床試験の実施、臨床上の疑問点を基礎研究につなげるリバーストランスレーショナルリサーチの推進などが必要です。これらの目的を達成するためには、各種委員会活動に加えて、目的を定めたタイミング良いタスクフォースの立ち上げを行う必要があります。さらに、患者レジストリシステムの構築、診療相談窓口の立ち上げ、ゲノム医療実用化のためのクリニカルシークエンスの導入などを推進していくことも考えております。

 私はまた、学会を会員にとって魅力あるものにするという視点も大事だと考えております。そのためには、専門性を維持しやすい体制の構築や研究の支援が重要です。特に、41%を占める女性会員が積極的に学会に参画できる仕組みを作ることが必要と考えています。これらの課題にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

 新専門医制度が開始され、すでにsubspecialtyのあり方の議論が始まっています。多くのsubspecialtyの選択肢の中で、小児内分泌領域の面白さをアピールしていくためには、日本小児科学会、日本内分泌学会との連携が必要ですし、小児内分泌学会の活動を国内外に発信していく広報も重要と考えております。多くの若い医師・研究者に小児内分泌領域に参画してもらえるよう、会員の力を結集していきましょう。

 学会活動の原点は、学術的なレベルを高め、患者さんのために良質な医療を提供するということです。会員はこの目的を共有する仲間であり、同志であります。学会活動を通じて子どもたちの健康に貢献することが、日本小児内分泌学会会員の共通の思いであると信じております。私は理事長として、10年後の小児内分泌学会を見据えて、今日できることから始めていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


                                日本小児内分泌学会 理事長 大薗 恵一
                              (大阪大学大学院医学系研究科小児科学 教授)

理事長メッセージ(2021年4月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

日本小児内分泌学会評議員の申請ありがとうございました。評議員の申請は3月末で締め切りましたが、180名の先生からいただいております。これは、現状の評議員数とほぼ同数となります。現在、審査を行っているところで6月はじめには結果を通知できると思います。
ご存知のように評議員の先生は本学会の活動の原動力となります。現在行われている小児内分泌学の教科書の改定も評議員の先生が中心となっております。その他、委員会活動や診療ガイドラインの策定など、評議員の先生にお願いしている活動はたくさんあります。また、評議員の中から理事が選ばれ、舵取り役を担っていただくことになりますので、その面でもよろしくお願いいたします。

一般会員と評議員の先生の両輪で、本学会は進んでいくことになります。
コロナ禍で大変な時期ですが、引き続き学会へのご支援をよろしくお願いいたします。

理事長メッセージ(2021年3月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

第4回日本小児内分泌学会九州・沖縄地方会に出席しました。
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、九州・沖縄地方会も完全Web開催になり、私は大阪の自宅から参加しました。当番世話人の都先生と福岡市立こども病院内分泌・代謝科の牧村先生の連携により、非常にスムーズに会は運営されました。症例検討では個人情報を排除し、発表の許可を患者の親から得ておく、参加者は施設名とフルネームを掲示するなど、色々と配慮されていました。議論も活発で、実りある地方会になったと思います。演者、座長ともに慣れ(あるいは練習の成果)を感じました。また、女性比率が高く、大阪の他、東京、仙台、北海道からの参加者もあり、Web開催の可能性を感じさせました。最後は参加者が顔を出して、コンピューターのスクリーンショットを撮って、記念写真としました。地域に根付いた活動は、力強さがあります。近々、北海道にも地方会が立ち上がる予定です。小児内分泌領域の未来は明るいと、心地よい気分になりました。

九州・沖縄地方会に出席された皆様、ありがとうございました。

理事長メッセージ(2021年2月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

早くも2021年2月になりました。新型コロナウイルス感染はなかなか収束せず、栃木県を除いて、緊急事態宣言は1ヶ月延長されました。今月号のメールニュースにもありますように、元々昨年に予定されていた国際小児内分泌学会は今年に延長されていましたが、再延長され、来年3月の開催となりました。いろいろなところに影響が及んでいます。世界的にはコロナウイルスワクチン接種が行われ、日本においても早ければ今月から接種が始まる予定です。なんとか以前に近いような活動ができるようになれば良いですね。

先月理事会が行われ、今年の活動内容が確認されました。今年は、評議員申請の年となっておりますので、資格を確認していただき、アナウンスがありましたら、申請していただくようにお願いします。評議員の皆様が、一般社団法人としての日本小児内分泌学会の社員であり、学会活動の中心であります。また、昨年の日本内分泌学会内分泌代謝専門医試験の合格者が21名となったこと、日本糖尿病学会の専門医試験合格者は3名であったことが報告されました。合格された先生のますますの活躍をお祈りします。さらに、CPEに関しては、昨年は93件の投稿論文があり、うち半数が海外からの投稿で、受理率はおよそ37%であることも報告されました。CPEも本格的にinternationalな雑誌となってきたようです。診療ガイドラインの策定、改訂も行っていますが、この疾患に関する診療ガイドラインを策定してほしいというようなご要望がありましたら、事務局までご連絡ください。

理事長メッセージ(2021年1月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 昨年末より新型コロナウイルス感染が拡大し、8日に東京都など1都3県に2回目の緊急事態宣言が発効されました。今年のこの先が思いやられますが、まずは、それぞれが自分のすべきことを行なっていくことが大切と思います。その意味では、私たちは、内分泌疾患の子どもたちの診療と小児内分泌分野の研究に邁進し、専門家の育成に力を注がなくてはいけません。この目標を達成するために、学術集会や入門セミナー・専門セミナーの確実な実施が大切と考えており、web開催となっても、意義のあるものになるよう工夫をしていきたいと思います。都先生が会長の九州・沖縄小児内分泌地方会、南谷先生が会長のマススクリーニング学会、私が会長の臨床内分泌代謝Updateも重要なイベントと考えております。また、現在、準備中の企画としましては、小児内分泌分野の社会や若手医師への普及・啓発により、小児内分泌分野の診療の質を向上させるような活動に対して、助成を行うことを考えております。応募のための詳細が決まりましたら、お知らせいたしますので、ふるってご応募ください。

 ニューノーマルでの学会や会議のやり方は、もっと工夫をしていく必要があります。海外の学会発表では、発表途中で“いいね!”が送られたり、“excellent!”などの言葉がチャットで語られたりして、質問以外にも聞いている人の気持ちが伝わるように、演者を勇気づけるように、audienceは反応します。日本人はフォーマルな時にはあくまでも真面目な顔をして堅苦しく振る舞い、懇親会で打ち解けるというパターンに慣れ親しんできましたが、懇親会がない今は、最初のイベントの時から、リアクションをはっきり行って、交流した方が良いと思います。かく言う私も、公式の場ではポーカーフェイスになりがちですが、できるだけ“いいね!”を送り、感動を分かち合いたいと思います。

理事長メッセージ(2020年12月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

 新型コロナ感染症の第3波がやってきて、大変な状況になっております。北海道も患者数が非常に増えて対応に追われていると聞いておりますが、大阪もコロナ感染症の診療にシフトするため、大きな病院での病棟閉鎖や手術数の削減などが行われております。本当に慌ただしい年末(師走)ですね。光明はコロナワクチンでしょうか。イギリスで接種が始まり、アメリカでも近々行われる予想です。ワクチンが安全かつ有効であることを祈りたいですね。

 理事長メッセージでも何回か述べたと思いますが、コロナ禍での学会運営の特徴はWeb開催です。最近届いたESPEの学会(ESPE CONNECT ONLINE)に関するニュースでは、9日間の会期で5000人以上の参加があったとのことです。今年の臨床内分泌代謝UpdateもWeb開催となり、今月10日までオンディマンド配信が行われていました。長くゆっくりと視聴できるのはWeb開催のメリットですが、たくさんの学会が重なってくると視聴する時間の確保も容易ではなくなってきます。

 来年は、私が臨床内分泌代謝Updateを担当しますし(一度HPを御覧くださいhttp://update31.umin.jp) 、2023年には堀川玲子先生が担当されます。今年の日本内分泌学会学術総会は緒方勤先生が会長をされました。日本小児内分泌学会の発展に伴い、今後も会長をされる先生が出ることと思います。皆様、引き続きご支援をお願いいたします。

理事長メッセージ(2020年11月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

 投票日(Super Tuesday)から3日たってもアメリカ大統領が決まらないという、不確定な時代の象徴のような出来事が起こっています。新型コロナウイルス感染の終息も先が見通せず、会員の皆様におかれましては、なんとなく落ち着かない、不安な日常生活を送っていらっしゃるのではないでしょうか。そのような中にもかかわらず、日本小児内分泌学会の特別学術集会には、800人に迫る数の先生方に参加していただき、感謝申し上げます。また、入門セミナー、専門セミナーにもたくさんのご応募をいただき、小児内分泌分野への関心の高まりを表しているように思います。来年の学会活動についても、新型コロナ感染の影響がどれくらいあるのか予測が困難な面がありますが、しっかり活動していきたいと思います。今回の理事会・評議員会で討議されましたように、来年は以下のような活動を行い、会員の皆様はもちろん、非会員の方でも小児内分泌分野に興味のある先生、研究者に提供していきたいと思います。

1. 学術集会は札幌で現地開催にて行えるように準備しています。コロナの影響を受けた場合にも、できるだけ、
  一般演題を含めて発表・議論の場を提供し、活発な会になるよう企画していきます。
2. 診療ガイドラインや診療の手引きの充実を図っていきます。
3. 入門セミナー、専門セミナーに加えてスキルアップセミナーを設け、会員に新たな研鑽の機会の提供を開始し
  ます。
4. 内容をUpdateするために小児内分泌学教科書の改訂を行います。治療に関する教科書に関しても、学会が積
  極的に関与して改訂する予定です。
5. 臨床データの集積のため、学会主導の疾患レジストリを本格運営いたします。まだ、施設登録がお済みでない
  場合は、ぜひ、登録をお願いいたします。
6. アルゼンチンのブエノスアイレスで開催予定であったIMPE2021は2022年に延期になりました。皆様御存知の
  とおりIMPE2025は横浜で開催予定ですので、それに向けて準備を開始いたします。
7. 本学会の学術雑誌であるCPEは、完全オンライン化になり経費が節約されたことに加えて、投稿数が増えてお
  ります。引用回数の指標も1を超えており、今後、さらにインパクトを上げるよう努力していきます。
8. 未来開拓研究助成など、研究支援の活動を継続いたします。
9. 日本内分泌学会と連携し、専門医制度にも対応していきます。
10. 新規薬剤の開発や薬剤が安定供給できない場合などに、情報提供や規制当局との交渉、関連学会間の調整な
  ど、積極的に関与していきます。

 今後も、日本小児内分泌学会は会員の皆様のための活動を継続し、発展させていくことを常に考えておりますので、引き続きご支援をお願いいたします。

理事長メッセージ「小児内分泌分野の発展を目指して」(2020年9月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

 新型コロナウイルス感染の第2波が収束しつつあるように見えますが、まだ、新規感染者の発生は続いており、油断はできません。このような状況でも、医学医療を前進させないといけないという思いは、会員の皆様の心の中にあるのではないでしょうか。先日、日本の小児科教授が集まるチェアマン会議に出席しましたが、学生実習はほぼ実質行えていない大学から、例年と変わりなく行なっている大学まで、大きく分かれていました。地域の事情が異なるので仕方ない面はありますが、実習ができていない大学では、なんとか再開したいと多くの教授がおっしゃっていました。

 日本小児内分泌学会としても、通常の学術集会は中止にしましたが、会員の皆様と情報共有し、小児内分泌分野の発展のために特別学術集会を企画しました。詳細はホームページ等を参照していただきたいのですが、先月にも申し上げましたとおり、充実した内容になっていると思います。また、総会、評議員会、受賞講演など例年と同じプログラムもあります。ぜひ、事前登録をお願いいたします。

 来年もどのように学会、研究会が行えるか、不透明です。現状では、例えば入門セミナーで、例年を遥かに超える参加者があるように、会場のキャパや移動の時間的制約を超えたWebセミナーは、参加者にとって利点もあります。しかしながら、解決すべき問題点もあります。若い医師の発表の場を確保して、経験を積んでいただく、最先端の研究内容に触れて討議を行う、緊密にコミュニケーションしてネットワークを築いて行く、このような機能を学会活動の中に組み入れて行く必要があります。例えWebであっても10-20人の少人数であれば、face-to-faceの繋がりに近い状況を作れるのではないかという気もしてきております。いずれにしても、新しい環境に合わせながら、小児内分泌分野を盛り上げて行くという目的に皆様とともに向かっていきたいと思います。来月は特別学術集会でお会いできることを楽しみにしております。

理事長メッセージ「広がりを見せるWeb開催」(2020年8月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

 緒方先生が会長の第93回日本内分泌学会学術集会は、Web形式で開催されていますね。緒方先生のお考えが反映された充実したプログラムで、情報量がすごくて圧倒されます。現地開催では同時進行される発表も聞くことができるので、少し専門を外れたところも知識を補うことができます。また、スライドも再確認ができますので、勉強になります。何より、会場が暗くなると睡魔に襲われるのですが、そういうこともなく、発表に集中することができました。皆様の感想もお聞きしたいところです。

 日本小児科学会も完全Web開催になりました。Hybridを予定していたのが、急に変更になったことと、専門医の単位付与の問題があるので、やや複雑ですね。皆さん、これから発表の録音をされるのでしょうね。大学では、授業も録音付きスライドを大学が提供するサイトにアップすることが標準になり、この方法にも慣れてきました。学生側も、勉強しやすいという意見がある一方で、刺激を受けにくいという声もあるようです。

 日本小児内分泌学会のWeb開催の秋の特別学術集会の準備も着々と進んでおります。5つの教育講演、2つのシンポジウム、8つのThe Year企画、1つのハンズオンセミナーと充実した内容です
http://jspe2020.umin.jp/)。さらに企業共催セミナーも10個以上開く予定です。皆様、ご期待ください。

理事長メッセージ「新しい生活様式とこれからの学術集会」(2020年7月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

 新型コロナウイルス感染に加えて、九州、中部地方などにおいて豪雨による河川氾濫、土砂災害などの災害があり、被害に遭われた人々に対して心からお見舞いを申し上げます。また、新型コロナウイルス感染者数も東京を中心に増加しており、(authorizeされるかどうかはともかく)第2波と言って良いような状況になっております。皆さんも、いろいろとご苦労されていることと思います。

 このような状況における学術集会の開催について、模索している状況です。前回述べましたENDO Online 2020は終了しました。公式サイトによりますと、27,000人の参加者があったようです。私もその1人ですが、参加した感想として、内容が充実していることのみならず、運営もスムーズで、質問もチャット機能を用いてreal timeに無理なく行われていると思いました。多くがオンデマンドでも試聴できましたので、日本人にとって嬉しいことに、聞き取れない箇所などは繰り返し聞くことができ、大変勉強になりました。Web学術集会の、お手本のように感じました。
今後、第93回日本内分泌学会学術集会も7月20日から8月31日までWeb開催となりますので、非常に参考になると思います。また、日本小児科学会学術集会は、Hybrid型で行われる予定ですので、これも参考にしたいと思います。なお、秋の特別学術集会は、現時点では、有料でライブ配信とオンデマンド視聴可能とする予定で、皆様に満足していただけるプログラムになるよう、理事会メンバーで企画しております。決定事項を順次、学会ホームページに掲載していきますのでご覧ください。

 「新しい生活様式」(new normal)の中で、巣ごもりするのではなく、領域の発展を使命に活動していく予定ですので、引き続きよろしくお願いいたします。

理事長メッセージ「After Coronavirus時代の学会活動のあり方」(2020年6月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

 皆様、緊急事態宣言が解除されましたが、いかがお過ごしでしょうか。まだ、新型コロナウイルス感染の新規発生がなくなったわけではなく、また、第2波が来ることも予想され、落ち着かない日々を送っておられるのではないかと思います。まずは、皆様の健康をお祈りいたします。

 このAfter Coronavirus (より正確にはWith Coronavirus)時代の学会活動のあり方については、世界的に模索されています。例えば、今年3月サンフランシスコで予定されていましたENDO 2020は延期になりましたが、ENDO Online 2020として、6月8日から22日まで開催されます。開催方法は、オンデマンドとライブ配信を交ぜたWeb配信になっています。緒方先生が会長の第93回日本内分泌学会学術集会も6月開催は延期となり、7月20日から8月31日までWeb開催されます。

 先日お知らせしましたように、本年の日本小児内分泌学会学術集会は従来の方法では開催しないことを理事会で決定し、評議員の先生方にも、ご賛同していただきました。しかしながら、学術活動は継続性が重要であり、また、若い医師に小児内分泌領域の魅力を伝えることも大切です。「新しい生活様式」(new normal)を心がけて三つの密(密閉、密集、密接)を避ける学術集会を「2020年日本小児内分泌学会特別学術集会」と名付けて開催する予定です。Web配信が主体となりますが、状況が許せば、集会の形も取りたいと思っております。入門セミナー、専門セミナーも何らかの形で行います。長谷川奉延先生、依藤享先生、室谷浩二先生を中心に理事、監事、委員長が知恵を絞っておりますので、具体案が出来あがれば、皆様にお知らせいたします。

 今後とも、日本小児内分泌学会の活動に対して、積極的なサポートをお願いいたします。

理事長メッセージ「学術集会における英語での発表の推進について」(2018年11月)

日本小児内分泌学会
会員の皆様へ

                              日本小児内分泌学会
                              理事長 大薗恵一

 平素より、日本小児内分泌学会(JSPE)の活動にご協力いただきありがとうございます。理事長就任時のご挨拶にも述べましたとおり、日本小児内分泌学会の伝統を守るとともに、さらなる発展をめざして、会員の皆様と歩んでいくことが理事長の務めと考えております。そのために必要だと就任時に感じたことを、ホームページの理事長就任のご挨拶に記載しておりますので、御覧ください。今回は、学術集会における英語での発表を推進していくことの必要性について、述べたいと思います。

 JSPEの学術集会は、主として会員の皆様の診療、研究上の成果を発表する場であるとともに、この分野の進歩について学ぶ場でもあります。そのためには、母国語である日本語で不自由なく活発に議論を行うことは重要です。一方で、この分野の進歩は日本に限定されるものではなく、世界レベルでの発展は加速しています。また、子どもたちの健康を守ることは、世界中の小児科医、研究者に共通する願いであり、タスクであります。このような視点から、日本小児内分泌学会学術集会にとって、海外の医師や研究者との交流や情報交換の場となることは、重要な役割のひとつであると考えています。国際交流のためにはコミュニケーションの手段としての英語の活用は不可欠です。

 会員の中には、英語での交流はハードルが高いとお考えの方もいらっしゃると思います。また、その必要性をあまり感じておられない会員もいらっしゃるかもしれません。しかし、近年、海外各国における小児内分泌分野の発展のスピートは高まっており、今、海外との扉を開いておかなければ、日本小児内分泌学会の今後の発展は望めないと思います。ここで言う海外からの参加者というのは、英語を第一言語とする人あるいは海外招聘講演演者のみを想定しているのではありません。タイムリーな交流、情報交換という意味では、一般演題を発表される海外からの参加者の増加をめざすことが大事と考えております。今やアジアは世界の中心となりつつあり、今後さらに発展することは確実です。こうした状況の中で、日本もアジアの一員として協調して発展していくという意思が大切だと思います。英語は確かに一朝一夕に上達するものではありません。しかし、私の経験上はっきりと言えるのは、学会発表を英語で行い、質疑応答を英語で行うことは、どのようなレッスンを受けるより英語のスキルアップに繋がりますし、間違いなく英語学習のモチベーションが上がります。

 私が2015年に日本小児科学会会頭として学術集会を担当した時、京都大学の平家俊男教授(当時)が主催されたAsian Society for Pediatric Researchとの共同開催となりました。この学術集会にはアジア各国から多数の参加があり、日本の参加者とポスターセッション等で英語による熱いdiscussionが行われたことは、感動的で忘れられない経験です。

 JSPEの学術集会においても、英語でのセッションを設け、海外からの参加者との交流の機会を増やすことの必要性をぜひ、ご理解いただき、今年の浦上先生が主催された学術集会に引き続き、来年の依藤先生が担当される来年の学術集会へと、この試みを継続していくことに会員の皆様のお力添えをいただければと願っております。

 JSPEにおける英語活用の推進は、国内における学会活動の活性化のみならず、APPES, ESPE, PESなど他の国際学会への積極的参加を促し、JSPEがこれまで以上に国際的ガイドラインの作成やコンセンサス形成などのグローバルな活動に貢献していくことに繋がっていくと考えております。

ページのトップへ