評議員申請制度について

2017年度評議員(社員)の申請(更新・新規)について

標記の件につき、本学会会則(第13条)、細則1-3ならびに2013年10月11日改訂の「「評議員のあり方および認定方法」」に基づき、「2017年度評議員(社員)の申請(更新・新規)」の受付を3月1日より開始します。認定資格をお持ちの方はぜひ申請くださいますよう、お願い申し上げます。
書類の受付期間は2017年3月1日(水)~3月31日(金)消印有効です。

※1 先に2019年から施行予定の評議員(社員)資格の改訂についてご案内いたしましたが、2017年は従来通りの資格規定による申請となりますので、お間違えなきようお願いいたします

※2 現評議員の任期は今年の9月28日(定時社員総会の終結時)を以って終了いたします。
従って、9月29日以降も継続して評議員に就任されることを希望する場合、必ず今回の申請手続きを行ってください。今回の申請で評議員の継続が認められますと、2017-2021年まで評議員の資格が付与されます。

一般社団法人日本小児内分泌学会
理事長 緒方 勤

1.申 請 資 格  

資格要件(A):

小児内分泌学に十分な興味を持ち、評議員としての役割(「評議員のあり方および認定方法」参照)を積極的に果たす意思を有する旨を、自己申告すること(この自己申告は、評議員の認定申請(様式(A、B))をもって代える)。

資格要件(B):

就任会計年度初め(2017年9月1日)において年齢が70歳未満、日本小児内分泌学会の学会員歴が8年以上あり、申請時において、直近の継続する3年度以上にわたり学会費を納入している正会員であること。なお、任期中に70歳に達した時は、当該会計年度の最終日をもって評議員の資格を失うものとする。

資格要件(C):

直近の3年間で2回の学術集会参加、且つ、1回の発表(形態は問わず)があること(直近の3年間のうち外国に滞在している期間が1年以上ある場合は、その期間を除いた直近の3年間において評価する)。

資格要件(D):

以下の1.または2.の、いずれかを満たすこと。

  • 1.日本内分泌学会内分泌代謝科(小児科)専門医あるいは日本糖尿病学会専門医(小児科)の資格を有すること。
  • 2.(1)CPEに論文が掲載されていること(第1巻以降から現時点までの掲載を認めるが、アブストラクトは認めない)、あるいは、(2)直近の3年間で英文または日本語の、査読のある学術雑誌に掲載された内分泌または小児内分泌に関わる原著論文(症例報告を含む)が最低1編あり、この論文の筆頭著者あるいはその研究に指導者として関わっていること。(「要件Dに関する細則」【pdf】)を熟読してください。

2.提 出 書 類

・資格要件(A、B)を確認する書類   様式(A、B)のダウンロードはこちら
⇒Word形式   ⇒PDF形式
・資格要件(C)を確認する書類 ※1  様式(C)のダウンロードはこちら
⇒Word形式   ⇒PDF形式 
・資格要件(D)を確認する書類 ※1  様式(D)のダウンロードはこちら
⇒Word形式   ⇒PDF形式 


(※1)資格要件(C)と(D)のいずれかを満たさない場合においても、書類に理由を記入または添付し、申請して頂くことが可能です。

3.申 請 期 間

2017年3月1日(水)~3月31日(金)消印有効

申請をご希望の方は、上記の様式(A、B)、様式(C)、様式(D)を、必ず揃えてご提出くださいまた、必要に応じて、関連する添付書類を同封してください。提出は郵送にて受け付けます。メールあるいはFAXでの提出は受け付けられませんので、ご注意ください。

4.提出先および問い合わせ先

一般社団法人日本小児内分泌学会事務局 
〒612-8082 京都市伏見区両替町2-348-302 アカデミック・スクエア内
Tel:075-468-8772 Mail: jspe@ac-square.co.jp

5.審 査 結 果

2017年5月下旬頃に事務局より通知いたします。

評議員(社員)資格の改訂について

日本小児内分泌学会会員の皆様へ

平素より、学会運営には多大なご協力をいただき感謝申し上げます。
さて、当学会では社団法人化を契機に、社会的要請に答えるように評議員(社員)資格を改訂すべく議論を重ねてまいりましたが、先般の学術集会時の理事会、社員総会・会員総会を経て、2019年の評議員(社員)募集より下記のように改訂することを定めましたので、ご連絡いたします。2017年の評議員募集においては、暫定的に現行規定(最下段をご参照ください)での申請を可能といたします。これに合わせ、定款細則の記載変更を行うことになりますが、改訂した細則全文については改めてご案内いたします。また、論文資格として認められる雑誌のリスト、学会活動への参加についての認定方法などについても、施行までに引き続き検討を続けることといたします。よろしくお願い申し上げます。

評議員(社員)資格改訂案(PDF)

一般社団法人日本小児内分泌学会
理事長 緒方 勤
(2016年11月29日)

ページのトップへ