評議員申請制度について

2019年度評議員(社員)の申請(新規)について

標記の件につき、本学会定款(第6条)、細則(第1-3条)ならびに「評議員のあり方および認定方法」に基づき、「2019年度評議員(社員)の申請(新規)」の受付を開始します。認定資格をお持ちの方はぜひ申請くださいますよう、お願い申し上げます。
書類の受付期間は2019年5月1日(水)~5月31日(金)(消印有効)です。

※現評議員で継続を希望される方は2021年に更新手続きを行っていただきますので、今回の申請は不要です。

一般社団法人日本小児内分泌学会
理事長 大薗 恵一

1.申 請 資 格  

資格要件(A):

小児内分泌学に十分な興味を持ち、評議員としての役割(「評議員のあり方および認定方法」参照)を積極的に果たす意思を有する旨を、自己申告すること(この自己申告は、評議員の認定申請(様式(A、B))をもって代える)。

資格要件(B):

就任事業年度初め(2019年9月1日)における年齢が70歳未満であり、会員歴8年以上、且つ、継続して4事業年度(2015-2018年度)以上の会費を納入している正会員であること。なお、任期中に70歳に達した時は、当該事業年度の最終日をもって評議員の資格を失うものとする。

資格要件(C):

直近の4年間で3回以上の日本小児内分泌学会学術集会参加、且つ、2回以上の筆頭あるいは共同演者としての発表経験(形態は問わず)があること。
・学術集会での発表経験のうち1回は、この期間のCPE論文掲載1編で代えることができる
・妊娠・出産、育児、留学、長期療養、災害被害などに際してはそれを証明する書類を提出することで、認定期間を保留することができる。なお、保留期間については、評議員資格は中断される。

資格要件(D):

資格区分に応じた論文資格を満たすこと。
①資格区分1 内分泌または糖尿病専門医資格を保有する臨床医
       →内分泌・糖尿病に関わる論文3編以上
       (うち2編は査読のある雑誌の筆頭または責任または最終著者であること)
②資格区分2 内分泌または糖尿病専門医資格を保有しない臨床医
       →内分泌・糖尿病に関わる論文6編以上
       (うち3編は査読のある雑誌の筆頭または責任または最終著者であること)
③資格区分3 主として研究を業務とするものや、小児科・小児内分泌科以外の臨床他科のもの
       →十分な学術研究業績をもつこと(審査委員会審査)

※1 論文は執筆時期を問わない
※2 和文論文については条件として、1 査読があること、2 内分泌、糖尿病のいずれかについての論文で
   あること、3 全国レベルの学会が発行している、以上の全てを満たす論文とする

2.提 出 書 類

・資格要件(A、B)を確認する書類   様式(A、B)のダウンロードはこちら
⇒Word形式   ⇒PDF形式
・資格要件(C)を確認する書類 ※1  様式(C)のダウンロードはこちら
⇒Word形式   ⇒PDF形式 
・資格要件(D)を確認する書類 ※1  様式(D)のダウンロードはこちら
⇒Word形式   ⇒PDF形式 


(※1)資格要件(C)と(D)のいずれかを満たさない場合においても、書類に理由を記入または添付し、申請して頂くことが可能です。

3.申 請 期 間

2019年5月1日(水)~5月31日(金)(消印有効)

申請をご希望の方は、上記の様式(A、B)、様式(C)、様式(D)を、必ず揃えてご提出くださいまた、必要に応じて、関連する添付書類を同封してください。提出は郵送にて受け付けます。メールあるいはFAXでの提出は受け付けられませんので、ご注意ください。

4.提出先および問い合わせ先

一般社団法人日本小児内分泌学会事務局 
〒612-8082 京都市伏見区両替町2-348-302 アカデミック・スクエア内
Tel:075-468-8772 Mail: jspe@ac-square.co.jp

5.審 査 結 果

2019年7月下旬頃に事務局より通知いたします。

ページのトップへ