研究助成 募集要項

2019年度日本小児内分泌学会未来開拓研究助成(ノボ ノルディスク ファーマ株式会社 後援)

本賞は小児期の成長・発達・成熟に関する基礎的・臨床的研究を対象とし、当該領域の研究に寄与すると認められる研究に対して助成金を授与し、その研究支援を行います。詳細は下記の募集要項をご確認ください。
                                           理事長 大薗 恵一

<募集要項>
1. 目的
日本小児内分泌学会は、小児期の成長・発達・成熟を含む小児内分泌・糖尿病学に関する多種多様な疾患の診断・治療ガイドラインの整備を進めるとともに、近年の分子生物学的解析手法をいち早く取り入れ、これらの発症機序に関する先駆的な成果を世界に発信している。今後さらにこれらの研究を推進し、医学的知識・技術の進歩を図りつつ、研究活動の成果を社会に還元していくことを目的として本助成を設ける。

2. 募集研究課題
小児期の成長・発達・成熟に関する基礎的・臨床的研究(共同研究を含む)
(特定医薬品の有用性を検討する臨床的研究は対象外)

3. 選考方法
・日本小児内分泌学会理事長が指名する日本小児内分泌学会に属する当該分野専門家8名より組織される審査委員会にて選考される
・審査委員会が定める方法に従って全応募申請課題を選考する
・審査員は、研究の意義、科学的妥当性、研究計画に対する申請金額の妥当性、申請者の研究遂行能力を考慮して採点を行い、審査委員会が採否と採用の場合の分配額を決定する

4. 研究助成金額
一般枠:1件につき上限200万円/スタートアップ枠:1件につき上限50万円
※スタートアップ枠は他の研究費の獲得歴(申請中を含む)がないものとする
※申請者は、研究計画に対して妥当な金額を申請すること
※研究費を受領した施設からの翌年度申請も可とする

5. 採択数
上限15件

6. 応募資格
・日本小児内分泌学会の正会員であり、年齢満50歳以下であること(事業年度初日(2019年9月1日)の時点)。共同研究の場合の分担研究者についても同様の年齢制限とする。なお、分担金のない研究協力者の年齢は問わない。
・国内居住かつ国内施設での研究であること
・同一独立施設(講座・研究部)からの応募は1件までとする
・研究助成金は原則として奨学寄附金(委任経理金)での受取りが可能であること
・研究費を受領した施設からの翌年度申請も可とする。ただしその場合は、当該施設から関連のテーマで申請中、受領中の研究費一覧とその金額を記載すること

7. 責務
・成果報告として、報告書作成、学会での成果発表を必須とし、また論文化することを原則とする。学会での成果発表は、翌々事業年度の学術集会において発表すること。これができないときには、発表できない理由とともに、研究経過を日本小児内分泌学会に報告すること
・機関経理可能な施設に限定するため、領収書は各施設の経理責任者が保管する筈である。そのため、簡単なまとめでよいが、それを助成金授与の翌々事業年度の最終日以降、1カ月以内に日本小児内分泌学会に報告する。

8. 応募方法
・所定の申請書(http://jspe.umin.jp/kakusho/files/josei/shinsei2019.doc)に必要事項を記入のうえ、郵送にて申請するものとする
・申請書の行数は適宜追加してもよいが6ページ以内にまとめること
・募集要項はこちら(http://jspe.umin.jp/kakusho/files/josei/boshu2019.pdf

9. 提出先
一般社団法人 日本小児内分泌学会事務局
〒612-8082 京都府京都市伏見区両替町2-348-302 アカデミック・スクエア内 
Tel:075-468-8772 fax:075-468-8773 Mail:jspe@ac-square.co.jp

10. 応募締切
2019年7月31日(水)消印有効 

11. 表彰
第53回日本小児内分泌学会の総会にて授賞式を予定


ご不明な点がございましたら、日本小児内分泌学会事務局までお問い合わせください。

 

ページのトップへ