未来開拓研究助成 受賞者一覧

未来開拓研究助成 受賞者一覧(50音順)

2016年度
青山 幸平
名古屋市立大学医学部医学研究科

 「先天性甲状腺機能低下症の遺伝学的要因に基づくヨード動態の解明」
  

岩山 秀之
愛知医科大学小児科

 「MCT8異常症の早期診断と遺伝子治療の開発」
  

鏡 雅代
国立成育医療研究センター研究所分子内分泌研究部

 「SGA性低身長を招く(エピ)遺伝学的原因の解明」
  

鞁嶋 有紀
鳥取大学医学部周産期・小児医学

 「GH-IGFs系関連蛋白遺伝子異常による新たな成長障害の病態解明」
  

鈴木 滋
旭川医科大学小児科

 「先天性下垂体機能低下症の新たな発症機構の解明:PIT1-βの機能解析」
  

高澤 啓
東京医科歯科大学発生発達病態学分野

 「インスリン受容体異常症の新たな病態解明」
  

藤澤 泰子
浜松医科大学小児科

 「胎生期の低栄養環境による精巣機脳障害に関する研究」

未来開拓研究助成 受賞者一覧(50音順)

2015年度
石井 智弘
慶應義塾大学医学部小児科

 「ノックアウト細胞株と誘導型ノックアウトマウスを用いた先天性リポイド副腎過形成症の病態生理の解明」
  

磯島  豪
東京大学医学部附属病院小児科

 「骨成長におけるFAM111Aを中心とした分子メカニズムの解明」
  

宇都宮朱里
広島大学病院小児科

 「本態性高Na血症の新規発症メカニズムの解明」
  

川井 正信
大阪府立母子保健総合医療センター研究所 環境影響部門

 「時間内分泌学を基盤とするライフサイクル依存性骨・カルシウム代謝制御機構の解明」
  

髙木 優樹
東京都立小児総合医療センター 内分泌代謝科

 「全ゲノムエクソン配列(エクソーム)解析による先天性下垂体機能低下症新規責任遺伝子の同定」
  

藤原  誠
大阪大学大学院医学系研究科小児科学

 「皮膚線維芽細胞における骨細胞特異的分子の発現誘導による小児骨系統疾患の病態解析法の確立」
  

森川俊太郎
北海道大学大学院医学研究科小児科学分野

 「恒常的な小胞体ストレスを誘導する新規WFS1遺伝子変異の病態解明、ならびに単一遺伝子異常による新生児・ 乳児糖尿病発症機序の研究」
  

山澤 一樹
国立病院機構東京医療センター 臨床遺伝センター/小児科

 「メチル化異常に起因する小児先天異常症候群においてヒドロキシメチル化が果たす役割の解明」

     

ページのトップへ